Random Notes

植木鉢につまずいて老婆が植え込みに倒れた
目尻のあたりから出ていた血を拭うと、
申し訳なさそうに歩いて行った

カフェの店内、
セレブ気取りのマダム3人が帰った後の
テーブルの品の無さに納得した

真っ直ぐな杉の木が揃って風に揺れていたのがきれいで、
自分も少しだけ同じように揺れてみた
他の登山客の足音が聞こえてきてすぐにやめた

風が強かった
そして
風自体に音はあるのだろうかということを思った
木々を揺らしたり、耳に直接当たって聞こえる音ではなく、
風自体に音はあるのだろうかということを思った
と同時に、
そんなことは誰でもが思いそして多くの人が書いてきた、
つまらない考えのような気もした

一人で山を登る中年女性と挨拶を交わした時、
彼女は「歩きながらなんて行儀悪いわね」
と恥ずかしそうに言ってからおにぎりを頬張った
少しの間ぼくはその後ろをゆっくり歩いた
他の多くの登山客と違って、
靴は普通の運動靴を履いていて
リュックは特にブランド名も分からない
そんな
感じの好い後ろ姿だったのだ